犬の冬の過ごし方|ペットと一緒に写真撮影 横浜・東京・名古屋の写真スタジオ『ロイヤルカイラフォトスタジオ』

電話でのお申込み・お問い合わせ
東京・横浜・名古屋 共通番号

受付時間:
営業時間:

ホーム  >  お役立ちコンテンツ  >  基礎知識 犬編  >  犬の冬の過ごし方

犬の冬の過ごし方

犬の冬の過ごし方

犬の寒さ対策

寒い冬になると愛犬が寒がっていないか、心配になってしまうものです。 そんな飼い主のみなさんのために、ここでは犬たちとの冬の過ごし方についてご紹介します。愛犬と楽しい冬を迎えるためにぜひお役立てください。 横浜でペットの写真を撮影する際、写真スタジオだけでなくご自宅への出張撮影も承っております。写真撮影の際は犬の体に負担をかけないようにしてあげましょう。

寒さの感じ方・適温

寒さの感じ方・適温犬たちは通常人間に比べて常に低い位置で生活しているうえ、他に比べてお腹の毛が少ないため、下からの冷気を敏感に感じています。そのため、例えば床に寝ている犬には上からブランケットを掛けるよりお腹の下に敷いてあげた方がいいのです。もちろん、ベッドに寝ているなら上から掛けてあげても良いでしょう。
実際に愛犬が寒さにさらされていないかしゃがんでみたり、体高のあたりに温度計を取りつけたりして確認しましょう。犬たちにとっての最適な環境は、室温20度前後・湿度40〜60%です。人間同様犬も乾燥すると鼻やのどの粘膜が乾き、細菌やウイルスに弱くなってしまうため、加湿器を使ってあげてください。

寒さに弱い犬

寒さに弱い犬

犬も、犬種や体格によって寒さの感じ方が異なります。たとえば、シベリアンアスキーのような雪国原産の犬種に比べて、暑い国が原産のチワワなどは寒さが苦手です。


・小型犬全般
・暖かい国が原産の犬種
・幼犬、高齢犬
・病中病後の犬
・病気のため毛が薄い犬
・耳の大きい犬
・シングルコートの犬、アンダーコートが少ないダブルコートの犬

などが寒さに弱い犬の特徴です。
小型犬は、中型犬や大型犬に比べて常に地面に近いところにいるため下からの冷えを感じやすく、体の小ささから体温を保つのに向いていません。
チワワなど耳の大きな犬も寒さが苦手。なぜなら犬は耳から放熱しているからです。
シングルコートは長くて硬い毛だけ生えることで、一方のダブルコートはそれに加えて短い毛(アンダーコート)が生える生え方のこと。耐寒性を高く品種改良された犬種には、アンダーコートが密に生えています。

ドッグウェアでお散歩

ドッグウェアでお散歩散歩を嫌がるわんちゃんも増える冬ですが、健康のためには冬こそ散歩が欠かせません。日中の暖かい時間に公園を走らせるなど、積極的に運動をさせましょう。
それでも外出を嫌がるわんちゃんや寒いのが苦手な子には、ドッグウェアを着せるのもひとつの手。
選ぶ時はウールやフリースなどお腹まで温めてくれるもので、かつトイレの邪魔にならないものを選びましょう。ファッション性だけでなく、実用的な視点を忘れずに。
ちなみにドッグウェアを着せた犬がハァハァと口で息をするようになったら、暑い時のサイン。脱がせるか薄手のウェアに着替えさせてください。なお、着せたままでは寒さに対する抵抗力が弱まってしまうので室内ではドッグウェアは脱がせましょう。

犬の暖房

犬の暖房●エアコン
エアコンは火を使わないのでおすすめの暖房器具ですが、暖かい空気が天井にたまりやすいので犬にとってはあまり暖かく感じにくいのが難点。サーキュレーターを使って空気を循環させると良いでしょう。

●ストーブ 近くを走りまわって火傷してしまうことがないよう、ストーブを使う場合は必ずストーブガードを置きましょう。

●床暖房、ホットカーペット 床暖房を全面で使うと、犬が暑いと思っても逃げ場がありません。その場合はすのこを敷くなどして、自分で暑さから避難できるような場所を作っておいてあげましょう。 ホットカーペットは床より小さなサイズを選べば、わんちゃんはいつでも端の涼しい場所に移動することができます。

●こたつ 中に入って出口がわからなくなったり、そのまま寝てしまったりして、熱中症になることが。飼い主さんが使う場合はわんちゃんを中に入れないようにしましょう。

●湯たんぽ 布に包んでペットベッドに入れておけば、留守中にエアコンやホットカーペットを点けっぱなしにしておく必要はありません。

イベント・キャンペーン情報

ロイヤルカイラフォトスタジオについて

サービス案内

お役立ちコンテンツ

お客様からの手紙

会社情報

ロイヤルカイラウェディング沖縄/フォトグラファー募集 フォトギャラリー スタッフブログ