犬の食事のしつけ方|犬猫などペットと撮影 東京・横浜・名古屋・神奈川の写真スタジオ『ロイヤルカイラフォトスタジオ』

電話でのお申込み・お問い合わせ
東京・横浜・名古屋 共通番号

受付時間:
営業時間:

ホーム  >  お役立ちコンテンツ  >  基礎知識 犬編  >  犬の食事のしつけ方

犬の食事のしつけ方

犬の食事のしつけ方

犬の食事のしつけ方

人間と同じく、犬にとっても食事は生活の基本。「犬が欲しがっているから」「あげないと可哀想だから」といって要求どおりに食事を与え続けると、肥満や病気を引き起こすこともあるので飼い主さんがきちんとしたしつけをすることが大切です。
しつけの方法は犬種や月齢などによる多少の違いもありますが、基本的な考え方は同じ。しつけに必要な知識を持ち、愛犬と楽しく生活できるようにしましょう。
ここからは、離乳を済ませた子犬にしておきたい食事のしつけについてご紹介します。

なぜ食事のしつけが大切か?

犬の食事のしつけは、餌を前にした犬が飼い主の許可が出るまで「待て」の状態を保てる、いわゆる「おあずけ」ができること。飼い主さんの食べ物を盗み食いしたり、散歩先での誤食事故などを防ぐためにも重要です。
基本的にわんちゃんたちはとても食いしん坊。テーブルに置き忘れたチョコレートを食べて中毒を起こしたり、ごみ箱に捨てられたチキンの骨を食べて食道を裂傷させたりするような事故を、未然に防げる可能性が高まります。
また食事のしつけには、衝動性をコントロールして飼い主さんへの従順性を高めるメリットも。普段から飼い主さんの許可がないと餌にありつけない状況を習慣づけることで、犬にとっての飼い主さんの価値が高まり、指示に従うのが当たり前だと考えるようになります。すると「おすわり」や「伏せ」の指示にもすぐに反応するので、無駄吠えや飛び付きの予防にも繋がるのです。

食事は犬が落ち着いてから

餌を見るとたいがいの犬は興奮して大騒ぎしますが、ここで前述の「おあずけ」ができるように「待て」や「おすわり」を指示して、犬が落ち着いてから与えましょう。
ただし、指示を守れた時はすぐに餌を与えてあげてください。きちんと待っているのにあまりにも「おあずけ」が長いと、飼い主さんに不信感を抱いたり、餌への執着心を強めてしまったりする恐れがあります。

お食事タイムは飼い主さんの都合でOK

餌を与える時間は、毎日きっちりと同じ時間にしなくても大丈夫。逆に時間を決めてしまうと犬もそれを覚えるので、たまに飼い主さんの都合で遅くなると犬が大騒ぎする可能性があるので、一定にしない方が良いのです。
同じ時間ではなくても、毎日散歩から帰ったらすぐに餌をあげるといった行動パターンも同様。散歩から帰ったらすぐあげる日、時間を空けてからあげる日など、規則性がないように意識しましょう。

食べなかったら下げる

病気などで食欲がない時とは別に、わがままや気まぐれですぐに食いつかなかったり残したりすることがあります。
そのまま放置しても餌が劣化するので余計に犬は食べません。少し待ってみて食べないようなら食器を下げましょう。
すると犬が「1回で食べないとごはんが無くなる!」と学習し、食べるようになってくれます。
しかし、あまりに食べないことが多いなら、餌をふやかしてみたりトッピングをかけたりしてみましょう。ドッグフードの種類を変えるのも手です。

イベント・キャンペーン情報

ロイヤルカイラフォトスタジオについて

サービス案内

お役立ちコンテンツ

お客様からの手紙

会社情報

ロイヤルカイラウェディング沖縄/フォトグラファー募集 フォトギャラリー スタッフブログ