愛犬の寒さ対策|ペットと一緒に写真撮影 横浜・東京・名古屋の写真スタジオ『ロイヤルカイラフォトスタジオ』

電話でのお申込み・お問い合わせ
東京・横浜・名古屋 共通番号

受付時間:
営業時間:

ホーム  >  お役立ちコンテンツ  >  犬のダイエットと健康  >  愛犬の寒さ対策

愛犬の寒さ対策

愛犬の寒さ対策

犬は寒さに耐えられる?

犬は寒さに強いと認識されている人は多いです。犬の体温は人間と比べて高く、被毛もあるため保温されるから大丈夫だろうと考えてしまいがち。もちろん、犬種や育った環境によって寒さに強い犬も存在しますが、最近では室内で飼われている犬が増え、寒さが苦手な犬が多くなっているのです。

犬の寒がっている合図をキャッチする

寒さに弱い犬種 気温が13度を下回ると犬も寒さを感じるようになります。寒さを感じるとさまざまな方法で体温を保つ行動に出るのでサインを見逃さないで。ぷるぷると小刻みに震えている時は、体温が下がり筋肉を動かすことでエネルギーをつくり出し体温の調節をしている証拠です。この場合は、部屋の温度を上げるまたは防寒グッズで寒さ対策をしてあげましょう。体を丸めて小さくなっていたり、近寄って体をすり寄せてきたりしたときも寒いと感じている場合が高いので、注意してください。

寒さ対策はやり過ぎに注意する

一般の暖房器具を使う場合の注意点

犬が快適に過ごせる気温は、18℃〜22℃といわれています。気温が下がり、寒そうな犬の姿を見るとかわいそうな気持ちになる飼い主は多いのではないでしょうか。ついつい過保護になり、暖房の温度を上げすぎてしまうケースも。そして一番やってしまいがちなことは、こたつに入る行為を許してしまうこと。犬は暖かい場所が大好きなので、こたつの中はお気に入りの空間です。しかし、犬にとってこたつの中は温度も湿度も高すぎて、皮膚炎を起こしてしまう可能性があるのでご注意ください。

年齢によって寒さ対策は変化する

ワンちゃんの寒がる合図

犬は、人間に比べて低い位置で生活しています。ですので、地面からの冷気がダイレクトに伝わるということを理解しましょう。犬のお腹は被毛が少ないため、体調を崩しやすい犬が増えるので注意が必要です。幼犬は寒さに弱く、体調を崩すと完治するのに時間がかかる場合も。そして、老犬や病気を患った犬はもっとも注意しなくてはなりません。温度調節が自分でできず、体調が急変してしまい最悪の場合、死に至るケースもあります。後々後悔をしないようにしっかり管理をしてあげてください。

犬の寒さ対策は犬の行動をしっかりチェックし、寒がっていないか暑すぎていないか飼い主が責任を持って管理する必要があります。犬が快適に過ごせるよう工夫をしましょう。 寒さ対策として、一般の暖房器具を使用する場合は、様々な注意点があります。ワンちゃんがケガをしたり、体調を崩したりしないように、気を付けてあげましょう。

イベント・キャンペーン情報

ロイヤルカイラフォトスタジオについて

サービス案内

お役立ちコンテンツ

お客様からの手紙

会社情報

ロイヤルカイラウェディング沖縄/フォトグラファー募集 フォトギャラリー スタッフブログ