猫の寒さ対策|犬猫などペットと撮影 東京・横浜・名古屋・神奈川の写真スタジオ『ロイヤルカイラフォトスタジオ』

電話でのお申込み・お問い合わせ
東京・横浜・名古屋 共通番号

受付時間:
営業時間:

ホーム  >  お役立ちコンテンツ  >  基礎知識 猫編  >  猫の寒さ対策

猫の寒さ対策

猫の寒さ対策

かわいい子猫がバリバリと一生懸命爪をといでいる姿は真剣で可愛らしいですよね。
とはいえ壁や家具で爪とぎをされてしまっては、飼い主さんはたまったものではありません。放っておいて家じゅうボロボロにされるのも困りますが、猫の習性である爪とぎを無理に止めさせると愛猫にとっては大きなストレスとなります。
愛猫にストレスをかけずに爪とぎから壁や家具をうまく守る対策方法をお伝えします。

猫が爪とぎをする理由

そもそも猫が爪とぎをする一般的な理由として、まず爪の維持が挙げられます。人間のように一枚の爪が伸びるのではなく、とぐことで上に移動した古い爪が剥がれ鋭い新しい爪が現れるのが猫の爪。狩りや木登りの道具としてするどく整えているのです。
また猫の肉球には臭腺があるので、爪をとぐ時にニオイをつけて縄張りを主張。残った爪痕にもマーキングの意味があります。
さらに、猫は爪をとぐことで気分転換やストレス発散をしていると言われています。来客時に爪とぎを始めたら、ストレスを感じているサインかもしれません。逆に普段何もない時に飼い主さんのそばで爪とぎをするときは遊んで欲しくて気を引こうとしている可能性が。

爪とぎ対策1:こまめに爪を切る

最初の爪とぎ対策は猫の爪切り。こまめにチェックして伸びたらすぐに切るようにすることで、猫に爪とぎをして欲しくない場所の被害も、最小限に抑えることができるでしょう。
専用の爪切りを使って飼い主さんが切ってあげるか、苦手な人は動物病院で切ってもらえます。定期健診などのついでに上手な爪の切り方を教わるのも良いですね。

爪とぎ対策2:爪とぎアイテム

爪とぎは止めさせるのではなく、その猫にとって理想的な爪とぎの場所を用意してあげるのが基本。
ペットショップなどで買える市販の爪とぎアイテムはダンボールや木材、麻などでできていますが、爪に引っかかる感触の好みも猫によって違うので、いろいろ試して好みの素材を見つけてあげましょう。
さらにアイテムは置き場所も重要。猫がマーキングしたくなるような場所に置くのがベストです。例えばいつも寝ている場所と遊んでいる場所の境目など、猫にとって場所の意味が変わる境目がマーキングのポイントになりやすいようです

爪とぎ対策3:壁保護シート

爪とぎアイテムと併用しておくと安心なのが壁に貼る保護シート。爪とぎをして欲しくない壁になめらかで爪がひっかかりにくい材質のカバーを貼っておくと、爪とぎ防止効果があります。高い所に体を伸ばして爪とぎしようとするので、猫の体長ぐらいの高さ(床上90cmくらい)まで貼りましょう。シートを貼った壁ではすべって気持ち良く爪がとげないので、自然とその壁で爪をとがなくなります。
また、保護シートは爪とぎアイテムの周囲にも貼っておくと安心です。

イベント・キャンペーン情報

ロイヤルカイラフォトスタジオについて

サービス案内

お役立ちコンテンツ

お客様からの手紙

会社情報

ロイヤルカイラウェディング沖縄/フォトグラファー募集 フォトギャラリー スタッフブログ