猫の寒さ対策|ペットと一緒に写真撮影 横浜・東京・名古屋の写真スタジオ『ロイヤルカイラフォトスタジオ』

電話でのお申込み・お問い合わせ
東京・横浜・名古屋 共通番号

受付時間:
営業時間:

ホーム  >  お役立ちコンテンツ  >  基礎知識 猫編  >  猫の寒さ対策

猫の寒さ対策

猫の寒さ対策

北欧生まれのノルウェイジャン・フォレスト・キャットのように寒さに強い子たちもいますが、猫は一般的に寒さに弱いと言われています。
春の足音が聞こえてきましたが、まだまだ肌寒い日も続いていています。
この時期、猫たちの寒さ対策はどのようにすればよいのでしょうか。今回は、猫たちの寒さ対策についてご案内します。
横浜でペットの写真を撮影する際、写真スタジオだけでなくご自宅への出張撮影も承っております。写真撮影の際は猫の体に負担をかけないようにしてあげましょう。

その子によっての対策を見極めよう!

一般的に猫は寒さに弱いと言われていますが、もちろん個体差があります。猫=極端に寒がり、というわけではないということを理解しておきましょう。
特に年齢の若い猫は、活動的なので多少寒くてもあまり問題ありません。逆に年齢を重ねると運動量が減り、自分で体温を上げるのが難しくなります。また老化に伴い寒さを感じやすくなると言われています。

寒いときのサインを見逃さないで

猫は寒いときに身体を温めるための行動をとります。ですから、犬のようにブルブルと震えるまで身体が冷えてしまうことはありません。万が一、震えている場合は、低体温症になっている可能性がありますので、早めに動物病院に連れていきましょう。
猫が寒さを感じている時は、「丸くなる」「毛を逆立てて体を膨らませる」「人の膝の上に乗る」「物陰にかくれる」という行動が見られます。
まだまだ寒い日があります。撮影のために写真スタジオへ無理に訪れることはせず、ご自宅でペット写真の撮影を行うなど工夫しましょう。

猫の適温は何度くらい?

猫にとっての適温は人間と変わらないと言われ、一般的には20度程度で老猫の場合は少し高めの23度くらいがちょうどよいとされています。
気温と同時に気を配ってあげたいのが湿度で、空気が乾燥するとウイルスに感染しやすくなりますので、湿度は50〜60%をキープしましょう。やかんでお湯を沸かしたり、洗濯物を室内干したりすると良いでしょう。

暖房を使用しない暖かい日は毛布などを用意

3月になると朝晩だけで昼間は暖房器具を使用しなくて良い日も増えてきます。そんな時、どのように暖かくしてあげればよいのでしょうか。
毛布やブランケッド、小ぶりでもひざ掛けを用意します。猫用に販売されているものもありますが、人間用のものでもかまいません。特に猫は飼い主のニオイがついたものでリラックス状態になりますので、人間が使用したお古でも構いません。着なくなったセーターフリースなどをベッドに入れてあげましょう。
裏地がもこもこした、もぐり込めるようになったベッドやドーム型になったハウスなど猫用のあったかグッズもたくさん販売されていますので、ぜひ利用しましょう。
また湯たんぽもおすすめ。小さいサイズのものがありますので、低温やけどをしないようにタオルなどに包んでベッドに入れてあげてください。ブランケッドでまるまって寝ている写真もかわいいペット写真となります。

猫の寒さ対策で注意してあげたいこと

猫を飼っているご家庭あるあるかと思いますが猫は暖かいところが大好きで、家の中の暖かい場所を探す名人でもあります。ヒーターやストーブの前を占領されているなんていうこともあるでしょう。
ただし、暖かいところが好きなわりに「熱い」「冷たい」という感覚が鈍いのです。暖房に近づきすぎて毛を焦がしてしまう場合も。また電気カーペットを使用の場合、低温やけどや脱水症状を起こしてしまう危険性もあります。温度設定を低くする、こまめに暖房をOFFにするなど対応をすることが大切です。
また暖房を使用するとのどが乾きやすくなり、おしっこが出なくなることも。泌尿器系疾患のリスクが高まります。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

イベント・キャンペーン情報

ロイヤルカイラフォトスタジオについて

サービス案内

お役立ちコンテンツ

お客様からの手紙

会社情報

ロイヤルカイラウェディング沖縄/フォトグラファー募集 フォトギャラリー スタッフブログ