ペットとのお出かけに便利!キャリーカート|ペットと一緒に写真撮影 横浜・東京・名古屋の写真スタジオ『ロイヤルカイラフォトスタジオ』

電話でのお申込み・お問い合わせ
東京・横浜・名古屋 共通番号

受付時間:
営業時間:

ホーム  >  お役立ちコンテンツ  >  犬ともっと仲良くなる!  >  ペットとのお出かけに便利!キャリーカート

ペットとのお出かけに便利!キャリーカート

ペットとのお出かけに便利!キャリーカート
ここ数年、ペット用のキャリーカートを使用されている方をよく見かけます。ペットのスタジオ撮影で写真館に訪れる方も、使っている方が非常に多いです。
キャリーカートは、お散歩中に歩かなくなってしまった愛犬を運ぶ時や、病院やペットホテルに連れて行く時に役立つだけでなく、一緒に旅行する際や災害時にも使える優れもの。観光地や飲食店では、キャリーカートを使用すればペットと一緒に利用できる施設が増えています。
今回は、キャリーカートを選ぶ際のポイントをご案内します。

キャリーカートを選ぶポイント

◆サイズは大き目をチョイス
愛犬のサイズに合わせて購入すると、サイズに余裕がなく、キャリーカートの中で居心地悪そうにしているペットを見かけます。
これから成長する可能性が高いワンちゃんにも、これ以上大きくならないであろうシニア犬にも、ゆとりのあるサイズを選んであげましょう。

◆左右どちらからも開閉
ペットの出し入れが楽にできる、左右どちらからでも開閉できるタイプが使いやすくておすすめです。
蓋つきのものは、バスや電車などの公共機関でも利用できるところが増えています。

◆縦に移動できる
移動するとき、カニのように横向き移動はなんとなく苦手という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
正面に移動できる方が、横向き移動よりも安心しますよね。
ペットも同じように、縦移動ができるキャリーカートがおすすめです。

◆車高が高すぎるものはNG
車高が高いカートは、さまざまなトラブルを引き起こします。
犬は目線が高くなる事で、自分が偉くなったと勘違いします。
その結果、同じ目線の知らない子ども達を攻撃してしまいケガをさせてしまう危険性も。
また、車高が高いと飼い主さんの視野を狭くしてしまい、足元が見えづらくなります。
小さい子どもをひいてしまうなどの事故も起きていますので、カートの高さも気を付けて購入しましょう。

◆安全性重視で
飼い主さんによっては、キャリーカートのデザインだけで購入してしまう方がいますが、一番大切なことは安全性です。
ハンドルが飼い主さんの背丈にあっているか、購入前にしっかり確認しましょう。
他にも、サスペンションはしっかりしているか、タイヤの小回りはきくか、脱走防止・転落防止機能がついているか、通気性はよいかもチェックしましょう。

キャリーカートのメリット

キャリーカートのメリットキャリーカートはキャリーバッグと違い、安定性があり、ペットも安心。
特に、高齢の方や多頭飼いの方は、バッグにペットを入れて持って運ぶのは、重たくて大変です。
散歩が大変だから愛犬を家から出さないと言うのは、犬がかわいそうですよね。
あまり歩かないシニア犬だから散歩は不要だろうなどと考えるのもNG。
愛犬が少し歩いて疲れてしまった時には、キャリーカートで散歩してみてはいかがでしょう。
犬の気分転換にもおすすめです。

災害時のために

昨今の日本は、いつ地震が来てもおかしくないような雰囲気が漂っています。
震災対策をしているご家庭は多くなっていますが、震災時のペット対策は完璧ですか?
避難所では、キャリーに入れたペットしか受け入れが難しいことが多いのですが、ご家庭のペットは嫌がらずにキャリーに入ってくれますか?
ペットが嫌がらないキャリーを探し、キャリーに慣れてもらうことがとても重要です。
震災時はただでさえストレスが多いのに、キャリーのせいで二重のストレスになったら可哀想ですよね。
ストレスで吠えてしまう犬もいますし、暴力的になってしまこともあるかもしれません。
そうなると避難所生活に支障がでてしまいます。
災害時のことを想定してキャリーカートを購入する際は、カートとケースが分離できるものを購入しましょう。

イベント・キャンペーン情報

ロイヤルカイラフォトスタジオについて

サービス案内

お役立ちコンテンツ

お客様からの手紙

会社情報

ロイヤルカイラウェディング沖縄/フォトグラファー募集 フォトギャラリー スタッフブログ