ワンコの活躍するドラマ|ペットと一緒に写真撮影 横浜・東京・名古屋の写真スタジオ『ロイヤルカイラフォトスタジオ』

電話でのお申込み・お問い合わせ
東京・横浜・名古屋 共通番号

受付時間:
営業時間:

ホーム  >  お役立ちコンテンツ  >  ワンコマメ知識  >  ワンコの活躍するドラマ

ワンコの活躍するドラマ

ワンコの活躍するドラマ

こんなにあった!
TVドラマでワンコに会おう★

みなさん、毎日お仕事や家事で大変ですよね。
そんな時は可愛いワンコたちの元気な姿を見て癒されましょう!
ワンコの元気な姿に励まされれば明日もきっと明るい気持ちで過ごせますよ!

動物のお医者さん

動物のお医者さん漫画を基にしたTVドラマは数多くありますがこのドラマは少女コミックを基にしています。少女コミックを基にしていると言っても恋愛描写は殆ど無く専ら動物の登場シーンの方が多いです。

大学受験を間近に控えた主人公が、ある日夜遅くに駅までの近道である墓地を横切っていた時、般若のような顔をした子犬に懐かれてしまいます。それを見た飼い主である怪しげな大学教授に「キミは獣医になる」と予告され子犬を押し付けられてしまいます。
かくして主人公は般若顔の子犬との出会いをきっかけに獣医大学を目指すことに。
獣医大学を舞台とした人間と動物のコメディードラマです。

ファンの間でも再現度が高いと評判の良いドラマです。特に主人公の愛犬であるシベリアンハスキーのチョビが原作そっくり!ワンコ以外にも猫やニワトリなど、動物の出演がとても多いドラマです。

盲導犬クイールの一生

盲導犬クイールの一生生まれた時から盲導犬になることを決定されたラブラドール・レトリーバー。お腹に鳥の羽根のような模様があることからクイール(英語で鳥の羽根という意味)と名付けられた彼の一生を描いています。

盲導犬向きの性格ではなかった彼が訓練され立派な盲導犬になって行く過程や、彼の一生にとって重要な意味を持つ犬嫌いの視覚障碍者のパートナーとの出会いなど、クイールが一生のうちに出会う人々との交流を描くドラマです。

視覚などに難のある方にとって頼れるパートナーである盲導犬。その一頭が生きた一生涯を様々な人との愛情や別れを交えて描かれた感動的なドラマです。ワンコとは可愛がられるだけの存在ではなく今も誰かの助けになっている大切な存在であることを思い出させてくれるドラマです。街中で見かける盲導犬はお仕事をしているので触ってはいけません、と習ったことがありますよね。障碍のある方の隣に賢くお座りしている盲導犬。その姿はドラマを見た後ならクイールと重なることでしょう。

名犬ラッシー

名犬ラッシー基の原作は小説であり、そこから何度もタイトルや設定を変え映画化された名作です。
このドラマは原作である小説とは最初から設定が異なり、連続で放映されるドラマなのでラッシーが何度も試練を乗り越える事になります。

<原作>
ある幼い少年はとても賢く美しいコリー犬ラッシーを飼っていました。しかし少年の家は貧乏でありやむを得ず貴族の家へラッシーを売り渡すことになってしまいます。少年とラッシーは互いに別れを悲しみますが、遥か何百マイルもの距離に一人と一匹はなす術もなく引き離されてしまいます。しかし飼い主である少年を愛するラッシーはその賢さと勇敢さを持って、少年の待つ土地へと帰るのでした。かくしてラッシーの家路を辿る困難の旅が始まったのです。

<ドラマ>
飼い主と死別した犬、ラッシーがジェフ少年のもとにやって来る所からお話はスタート。ラッシーは当初、主人を失った悲しみで誰にも懐いたりはしません。しかし、襲い来る悪漢どもをジェフ少年と共にやっつけていくうちに心を通わせ次第に絆を深めていくのでした。

最初に制作されたのは映画版の方で、ドラマ版は映画版の人気を受けて制作されたそうです。こうして見ると同じタイトルの作品同士なはずなのに随分と中身が異なる印象を受けますね。ドラマは一話完結型のドラマで悪漢が出たり大変なことが起きたり色々あるのですが、最終的にはラッシーとジェフ少年が力を合わせて何とかする、という話。映画とドラマの放送形態の違いが良く出た作品と言えるかもしれませんね!

※この情報は変更することがありますのでご注意下さい。

イベント・キャンペーン情報

ロイヤルカイラフォトスタジオについて

サービス案内

お役立ちコンテンツ

お客様からの手紙

会社情報

ロイヤルカイラウェディング沖縄/フォトグラファー募集 フォトギャラリー スタッフブログ